終点目前…1時間半缶詰め 深夜に50人乗客ぐったり 人身事故で東武野田線

  • LINEで送る

 14日午前0時45分ごろ、東武野田線豊四季-柏駅間を走行中の大宮発柏行き下り電車(6両編成)が人身事故で緊急停止し、車内にいた乗客約50人が1時間半にわたり缶詰め状態となった。同電車は、終点の柏駅まで約1・6キロの地点で停車。後続の下り最終電車や、柏駅で発車準備をしていた上り最終電車も足止めとなった。

 東武鉄道と柏署によると、乗客にけがはなく、同線は午前2時18分に運転を再開。上下で最大2時間2分遅れ、乗客約500人に影響した。

 事故では、線路内に立ち入ったとみられる人が電車にはねられ、現場で死亡が確認された。年齢、性別ともに不明で、同署が身元確認を急いでいる。