市川にサル出没 目合わせず逃げて!! 市が注意呼び掛け

  • 0
  • LINEで送る

 「サルに遭っても捕まえず逃げて」-。市川市内で13日、サルの目撃情報が相次いだ。市はサルを見掛けても近寄ったりエサを与えたりせず、すぐに110番通報するよう注意を呼び掛けた。サルが人に危害を加える恐れがあるため。

 市川署などによると、同日午前9時15分ごろ、同市市川3の春日神社付近で、市民から「サルが神社の中に入っていった」と最初の通報があった。その後も、同市真間や須和田、宮久保の住宅街で「サルを見たが、見失った」などの目撃情報が相次ぎ、同日夕までに市民から20件近くの110番通報があった。

 市自然保護課によると、都内などで目撃されているサルと同一の個体とみられる。前日に江戸川区で目撃情報があり、橋を渡って江戸川の対岸の市川市に来た可能性が高いという。

 サルの生態に詳しい市動植物園担当者は「サルに遭遇したら、目を合わせないように。捕獲は難しいので、捕まえようとしないで」と注意を呼び掛けた。