下志津の3等陸曹 同僚殴り停職処分 東部方面後方支援隊

  • 0
  • LINEで送る

 陸上自衛隊東部方面後方支援隊(東京都練馬区)は11日、同僚を殴ったとして、下志津駐屯地(千葉市若葉区)の東部方面後方支援隊3等陸曹の20代男性隊員を停職9日の懲戒処分にしたと発表した。

 下志津駐屯地広報室によると、男性隊員は休日中の今年3月17日午前0時~同30分ごろの間、同駐屯地内で同僚隊員の顔を6回殴り、全治3週間のけがを負わせたという。男性隊員は「態度に腹が立った」と説明しており、警務隊は傷害容疑で男性隊員を書類送検する方針。

 東部方面後方支援隊長の福田洋司1等陸佐は「このような事案が起きたのは誠に残念。自衛官としての使命に関する教育、指導を徹底し、再発防止に努める」などとコメントした。