監督、部員にセクハラか 布団や風呂で体触る 暁星国際高野球部

  • 0
  • LINEで送る

 私立暁星国際高校(木更津市)の硬式野球部の男性監督(27)が、男子寮で共同生活する部員の布団に入るなどの行為をしたとして、複数の男子部員がセクハラやパワハラの被害を訴えていることが4日、同校などへの取材で分かった。同校によると、監督は行為を認める一方、ハラスメントの認識は否定している。

 同校によると、被害を訴えているのは3年生2人。監督は昨年夏ごろから今年11月上旬までの間、複数の部員に対し週1回程度、「癒やしてくれ」と言って就寝中の布団に入ったり、「体を洗う」と入浴時に体を触っていた。監督は「生徒とのコミュニケーションの一環でやった」などと話しているという。

 一部の生徒と保護者が11月11日に木更津署に相談。同署の任意での聴取に、監督は「昼間に厳しい指導をしているので、アフターケアと巡視で部屋を回っていた」と説明したという。被害届は出されていない。

 監督は現役時代に兵庫県の強豪校で夏の甲子園に出場。2015年4月に暁星国際高の監督に就任し、今夏は千葉県大会16強に導いた。勤務態度に問題はなく、部活指導でのトラブルもなかった。

 同校は監督に口頭で注意しており、4日に部活動の指導から外し、部員と同じ寮に住むことをやめさせた。今後、監督や部員から聞き取りをし、処分を検討する。寺井義行学園長補佐は「親しみであっても誤解される行為でやってはいけないこと。二度とないように再発防止に努めたい」と話した。

 千葉県高野連は3日までに同校からの報告はなく、速やかに概要を報告するように指導した。