酒気帯び容疑 富津署警部を逮捕

  • 0
  • LINEで送る

 千葉県警高速隊は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、富津署地域課長で警部の板橋英希容疑者(44)=富津市海良=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前11時45分ごろ、千葉市花見川区幕張町の京葉道路上り線幕張パーキングエリアの駐車場で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。同乗者はいなかった。

 同隊によると、板橋容疑者がバックで車を止めようとした際、駐車していた40代の無職女性=船橋市=の車に接触。女性が110番通報した。板橋容疑者は容疑を認めている。

 板橋容疑者は25日に当直勤務、26日は午前8時半に業務を引き継いでからは非番だったという。同署の荒川真署長は「当署員がこのような事案を起こし、大変申し訳ない。再発防止に向けて指導教養の再徹底に取り組む」とコメントした。