元事務局長に2年10月判決 千葉地裁「常習的に着服」 干潟土地改良区横領

  • 0
  • LINEで送る

 千葉県干潟土地改良区(旭市鎌数)で使途不明金が判明した問題で、同改良区の預金口座から現金を着服したとして、業務上横領の罪に問われた元事務局長兼会計責任者で無職、高木進一被告(58)=旭市清和甲=の判決公判が21日、千葉地裁で開かれ、伊藤大介裁判官は「多額で長期間にわたり常習的に着服した」などとして懲役2年10月(求刑・同5年)の実刑判決を言い渡した。

 判決で伊藤裁判官は「横領額は合計3660万円と多額で被害結果は重い。長期間にわたり多数回、常習的に着服した」と指弾。「先物取引で多額の損失を出して追い込まれていたという動機に、酌むべき理由は大きくない」とし「民事訴訟で不動産を売却して和解を提案し被害弁償に向け努力しているほか、先物取引の和解金のうち6500万円を改良区に返還し、被害回復と評価できなくはない」などと、量刑の理由を述べた。

 高木被告は「大きな事件を起こした。何とか償いをしていきたい」と述べた。

 判決によると、総務課長兼賦課徴収課長や事務局長などとして改良区の現金や預貯金を管理し、2010年8月24日、同市内の金融機関で同改良区名義の預金口座から現金300万円を、さらに香取市内の金融機関で200万円を引き出し、同月26日に計500万円を自己の用途に使う目的で高木被告名義の口座に入金して横領するなど、10~13年と昨年1・2月、計3660万円を着服した。

 改良区によると、着服額は約7億8千万円に上るとされているが、同改良区は昨年10月、すでに時効となっている分を除き、10年以降に計約3千万円を横領した疑いで告訴していた。