緊急走行パトカー、高速で追跡車追突 千葉県警高速隊

  • 0
  • LINEで送る

 成田市山之作の東関東自動車道水戸線下りで19日午後9時50分ごろ、緊急走行中の県警高速隊の巡査男性(23)が運転するパトカーが、追跡していた乗用車に追突した。けが人はなかった。

 同隊によると、男性巡査らはパトロール中、速度違反で神崎町の会社員男性(34)が乗用車を運転しているのを発見。約200メートルほど追跡したところ、乗用車がブレーキをかけたため追突したという。

 当時、パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして走行していた。同隊の高橋実副隊長は「事故等を起こさないよう今後適切な安全運転を指導する」とコメントした。同隊では、男性を速度超過の疑いでも調べる。