3歳児連れ去り首圧迫 容疑の46歳男逮捕 千葉南署

  • 0
  • LINEで送る

 千葉市の商業施設で男児(3)を連れ去り殺害しようとしたとして、千葉南署は17日、殺人未遂と未成年者略取の疑いで同市緑区辺田町、無職、野村武久容疑者(46)を逮捕した。同署によると、男児は首に絞められたような痕があったが命に別条はないという。

 逮捕容疑は16日午前11時15分ごろから約35分間、緑区おゆみ野3の商業施設で、男児(同区)を抱きかかえて連れ去り、首を圧迫するなどして殺害しようとした疑い。男児とは面識がなかったとみられる。同署は認否を明らかにしていない。

 同署などによると、男児は母親が目を離した隙に連れ去られ、間もなく施設内のトイレで倒れているのを従業員が見つけ119番通報。搬送された同市内の病院関係者が「首に絞められた跡があった」と同署に連絡した。防犯カメラの映像などから野村容疑者が関与した疑いが強まった。

 容疑者は精神疾患で通院しており、同署は、刑事責任能力の有無や程度を慎重に見極める方針。