逃げ得は許しません! 駐車違反金滞納者の徴収強化 千葉県警13日から

  • 0
  • LINEで送る

 千葉県警交通指導課は13日から来年1月14日までの2カ月間、放置駐車の違反金滞納者に対する年末年始徴収強化対策を実施する。冬のボーナス支給時期となる期間中、直接訪問や電話での催促などを行い、違反者に速やかな納付を呼び掛ける。

 同課によると、昨年1年間に放置駐車確認標章を取り付けたのは5万2197件。今年9月末現在では3万6141件。昨年末現在の未納付件数は8270件で、未納付金額は累計で約1億2683万円に上っている。昨年11月14日~今年1月13日の2カ月間に実施した同強化対策では711件、約1124万円を徴収した。

 同課では期間中、滞納者に対し書面での通知や直接訪問、電話での催促など積極的な徴収活動を展開。悪質な滞納者に対しては、口座や給与などのほか、所有車両の差し押さえも含む徴収を行っていく。

 同課では「逃げ得は許さない。違反があれば速やかに納付手続きを取ってほしい」と話している。