無免許ひき逃げ容疑で高校生逮捕 印西署

  • 0
  • LINEで送る

 今月12日、白井市の県道で男性がひき逃げされ死亡した事件で、バイクを無免許運転し、ひき逃げしたとして印西署は25日、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死)、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、鎌ケ谷市の男子高校生(16)を逮捕した。

 逮捕容疑は、12日午前1時15分ごろ、白井市冨士の県道で、無免許でバイクを運転し、路上にいた船橋市の会社員男性(22)をはねて死亡させ、そのまま逃げた疑い。

 同署によると、24日夜に高校生が同署に1人で出頭。「道路に寝ている人をひいてしまい、その場から逃げたことは間違いない」と話しているという。同署で逃げた理由など、詳しい経緯を調べている。