車両トラブル相次ぐ JR千葉支社

  • LINEで送る

 JR成田線と外房線で19日朝、車両トラブルがあり、運休や遅れが発生した。

 JR千葉支社によると、午前5時50分ごろ、銚子市西芝町の成田線銚子駅で発車前の銚子発千葉行き上り電車(8両編成)を点検中、運転台にある異常を表示するランプが点滅。同支社社員が確認したが原因が分からず運休し、乗客約700人に影響した。

 また、千葉市緑区誉田町2の外房線誉田駅では午前7時10分ごろ、到着した誉田発千葉行き上り電車(6両編成)で乗務員が空気が漏れるような音を確認。千葉駅まで運行後、回送電車となった。上下2本が運休、上り2本が最大12分遅れ、乗客約1200人に影響した。

 同支社で詳しい原因を調べている。