「日常的に暴力、いじめ」 元入所者が証言 市川のNPO施設女性遺体

  • 0
  • LINEで送る

 事件があった「さくらグリーンハウス市川」に昨年入所していたという50代女性は、生田容疑者について「機嫌が悪いとすぐに怒鳴る。とにかく威圧的」と評し、「日常的に暴力や、いじめを行っていた」と明かす。

 女性は昨夏に約4カ月間、同施設で生活。生田容疑者は入所者だったが、昨年夏から寮長になったという。食事や話し方など、日常生活を巡って怒鳴ることがあり「(入所者は)みんな怖がって口を聞けなかった」。

 また、施設内では「生田容疑者による入所者への暴力やいじめがあった。殴りそうになっているのを何回も止めた。逆らったら『出て行け』と言われ、その通りに自分から出て行く人もいた」と打ち明ける。

 一方で、生田容疑者は「自分に懐く若い入所者をかわいがり、年上の人をいじめる」傾向があったという。女性は「『元は同じ生活保護受給者なのに、寮母になると強気になる』と(入所者間で)話していた」とも口にした。