市原牛久、茂原で36.0度 千葉県内猛暑日

  • 0
  • LINEで送る

真夏日となった千葉市の中心市街地では、日傘を差して歩く女性の姿が目立った=16日午後、千葉市中央区

 高気圧に覆われた千葉県内は16日も気温が上がり、市原市牛久と茂原市でそれぞれ36・0度を記録、2日連続の猛暑日となった。銚子地方気象台は同日、県内に高温注意情報を発令し、熱中症への注意を呼び掛けた。同気象台によると、県内8地点で今年の最高気温を記録。県内15地点のうち14地点で30度以上の真夏日となるなど、軒並み気温が上昇した。

 同気象台によると、佐倉市で34・5度、船橋市と成田市で34・3度、我孫子市で34・1度と猛暑日に迫った。千葉市は31・9度だった。

 気温が上がった要因について、同気象台担当者は「高気圧に覆われていることに加え、日照が安定していること、風が強くなく空気が流れないことから、じりじり暖まったのではないか」と分析。きょう17日の予想最高気温は、千葉市33度、銚子市29度、館山市32度となっている。

 一方、県は16日、九十九里地方に光化学スモッグ注意報を発令した。本年度10日目で、健康被害はなかった。

 千葉市中央区の中央公園で日陰で休んでいた同区の池畑アヤコさん(91)は「暑いから、公園の近くで食べた冷やし中華がおいしかった」。友人の同区、木村フクイさん(93)も「暑いけど楽しい」と話していた。