【速報】元准看護師1人に無罪判決 石郷岡病院事件で地裁

  • 2
  • LINEで送る

 千葉市の精神科病院「石郷岡病院」で2012年、男性患者=当時(33)=が介助中に暴行を受けて寝たきりになり、2年4カ月後に死亡したとされる事件で、傷害致死の罪に問われた、いずれも元准看護師の菅原巧被告(63)=千葉市若葉区=と、男性(67)=市川市=の裁判員裁判の判決公判が14日、千葉地裁で開かれ、高橋康明裁判長は「暴行罪にとどまる」として、菅原被告に暴行罪を適用して罰金30万円(求刑・懲役8年)、男性については「暴行は認められない」として無罪(同・懲役8年)を言い渡した。

 2人の弁護側は「正当な看護業務だった」などとして、いずれも無罪を主張していた。

 判決によると、菅原被告は准看護師として勤務していた同病院で12年1月1日午後4時15分ごろ、病院内の保護室で、入院患者の弘中陽さん=当時(33)、市原市=のおむつ交換を行った後にズボンを履かせる際、弘中さんが突然伸ばした左足が自身に当たったことに腹を立て、あお向けの弘中さんの頭を左足で1回蹴る暴行を加えた。

 弘中さんは首の骨を折り、14年4月28日に傷害を原因とする両側性肺炎により死亡した。