浦安、2千万円被害 電話de詐欺被害

  • 0
  • LINEで送る

 浦安署は6日、浦安市のパート女性(62)が現金2千万円をだまし取られる電話de詐欺(オレオレ詐欺)が発生したと発表した。

 同署によると、1日午後10時20分ごろから複数回、女性方と女性の携帯電話に息子をかたる男から「会社の金を使って株を購入した。監査があるので補填(ほてん)しなければならない」などとうその電話があった。女性は銀行などで現金を用意し、2日午後2時から同3時半までの間、2回にわたり東京都新宿区内の路上で、会計事務所を名乗る男に計2千万円を手渡した。実の長男にメールをして発覚した。

 現金を受け取った男は、30歳ぐらいで、身長約180センチの痩せ形。上下黒色のスーツにノーネクタイ姿で、黒色のコートを着て、ナイロン風のショルダーバッグを持っていたという。