英語リスニング 放送でトラブル 木更津高の全教室

  • 0
  • LINEで送る

 13日行われた千葉県内公立高校の前期選抜の学力検査を巡り、県教委は同日、県立木更津高校(木更津市)で放送の不具合により、英語リスニング問題の一部が聞き取りづらくなるトラブルが起きたと発表した。

 全教室で同時に発生。影響が出たのは最後の1問(配点3)で、同校は受検した380人全員に3点を与える措置を取った。

 県教委によると、放送室を通じて各教室に届く音量が、それまでの問題に比べて極端に小さくなった。終了後の放送は正常に戻り、原因は特定できていないという。

 一方、県内全体では同日、体調不良などにより、297人(全日制290人、定時制7人)が保健室や別教室で受検した。