詐欺未遂の疑い 千葉南署

  • LINEで送る

 千葉南署は8日、詐欺未遂の疑いで、松戸市に住む自称県内の定時制高校生の少年(17)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は仲間と共謀して6~8日、千葉市緑区の無職女性(75)方に孫をかたり「350万円貸してほしい。後日返すから」などと複数回うその電話を掛け、女性の自宅で現金350万円をだまし取ろうとした疑い。

 同署によると、女性は最初のうその電話で詐欺と見破り、だまされたふりをした後に110番通報。8日午後、自宅に現金を受け取りに来た少年を、警戒していた同署員が取り押さえた。容疑を一部否認している。