「放射能がうつる」 千葉県内の3世帯、小中学校で避難いじめか

  • 5
  • LINEで送る

 東京電力福島第1原発事故で福島県から千葉県に自主避難した3世帯の子どもたちが、転入先の小中学校で「放射能がうつる」と言われるなど、いじめ被害に遭ったとみられることが27日、分かった。避難者が国と東電に損害賠償を求めている、千葉地裁での集団訴訟の弁護団が明らかにした。これまで県教委、千葉市教委は避難児童や生徒へのいじめはなかったとしてきたが、3世帯のうち1世帯は在住地の市教委にいじめを相談。その際の担当者が、福島出身であることを伏せるよう、配慮を求めてきたことも分かった。

 弁護団によると、3世帯はいずれも集団訴訟の原告。ある原告の子どもは、事故後に県内の中学校へ転入した際、「何で福島から来たんだ」「放射能がうつる」などと言われたとされる。その後、学校に行けなくなり、転校したという。

 また、別の原告の子どもは、転入先の小学校で、同級生やその保護者から「福島のやつの意見は聞かない」などと言われ、やむを得ず県内の別の市へ引っ越し。転入先の市教委に前校でのいじめを相談した際、担当者は「福島から来たことを伏せましょう」などと話したという。

 弁護団が集団訴訟の原告約20世帯のうち、子どもがいる世帯にいじめが疑われる事例がないか調べて発覚した。

 県教委などは今月、福島から避難し、県立の公立小中高校などに通う児童、生徒に対するいじめはなかったと発表していた。県教委は「3世帯の事例について把握していない。事実確認を進め今後の対応を考える」としている。

 千葉市教委も「市内の学校や保護者から報告や相談はなく、確認されなかった。千葉市の学校であったのであれば、校長会を通じて再度確認するようにしたい」と話した。