銅版画名手の死悼む 深沢氏通夜に200人参列 市原

  • 0
  • LINEで送る

遺影を前に在りし日の姿を思い返す参列者=7日夜、市原市牛久のセレモニーホール白水会館

 市原市在住の世界的銅版画家で、老衰のため、2日に92歳で死去した深沢幸雄氏(山梨県出身)の通夜が7日夜、同市牛久のセレモニーホール白水会館で営まれた。県内外の関係者約200人が参列し、戦後日本 ・・・

【残り 317文字、写真 1 枚】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン