電波法違反で千葉県内初摘発 客引きのインカム、無許可使用疑い 松戸の風俗店

  • 5
  • LINEで送る

 松戸署と総務省関東総合通信局は6日、松戸市本町のキャバクラで、アマチュア無線の免許を持っていないのに無届けで店の客引きに高出力のイヤホンマイク(インカム)無線機を持たせて使用した電波法違反(無線局の不法開設)の疑いで、店を経営する松戸市の男性(36)と同店を地検松戸支部に書類送検した。風俗営業を対象とした同法違反の摘発は県内初。

 書類送検容疑は、昨年10月20日午後8時55分ごろ、同店で男性と従業員が、総務大臣の許可を得ず、同法違反となる高出力無線機のインカムを使用して無線局を開設した疑い。

 同署によると、総務省にアマチュア無線の周波数に同店のインカムによる通信が入り込むという苦情があり、同署と関東総合通信局が合同捜査を行っていた。昨年6月に同店に立ち入り、警告と指導を行ったが、使用をやめなかったため摘発した。男性は「千葉県での摘発を聞いたことがないので、注意や指導で済むだろうと安易に考えていた」と容疑を認めているという。