少年を家裁送致 四街道、父突き刺し

  • 0
  • LINEで送る

 義理の父親の頭をはさみで突き刺すなどして殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で四街道署に逮捕された中学2年の少年(14)=四街道市=について、千葉地検は6日、少年を同容疑で千葉家裁に送致した。家裁は同日、2週間の観護措置を決定した。

 少年は昨年12月18日夜、自宅で介護士の義父の顔にスプレーの殺虫剤を噴射し、頭部をはさみで数回突き刺して軽傷を負わせたとして、母親の通報で駆け付けた同署員に現行犯逮捕されていた。