「偉大な方」「残念」 市原、悲しみの声続々と 深沢氏死去

  • 0
  • LINEで送る

 「優しく、偉大な方だった」「残念としか言いようがない」-。市原市在住の世界的銅版画家、深沢幸雄氏が92歳でこの世を去った。年明け早々に舞い込んだ訃報を受け、地元では4日、関係者の間に郷土の偉人 ・・・

【残り 694文字、写真 1 枚】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ
(月額486円の一般プランがおすすめです)

既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン