休職中に風俗店勤務 千葉県女性職員を停職処分

  • 0
  • LINEで送る

 休職中に風俗店で働いていたとして、千葉県は27日、健康福祉部出先機関の女性職員(37)を地方公務員法(兼業禁止)に基づき、停職6カ月の懲戒処分にした。女性職員は依願退職した。

 県総務課によると、女性職員は今年9月下旬から12月上旬まで、無断で東京都内の風俗店に約40日間勤務し、約200万円の収入を得ていたという。

 女性職員は病気療養が必要との理由で本年度の途中から休職中。県の給与も8割が支給されていた。県の聴取に対し、女性職員は「休職後に家庭の事情から多額の資金が必要になり、風俗店に勤務せざるを得なかった」と説明したという。

 11月に店の名前などを具体的に挙げた匿名の通報が県に寄せられ、発覚した。