逮捕学生の実名公表 千葉大医学部生、集団強姦事件 新たに医師逮捕 千葉県警

 飲み会に参加した女性を千葉市内の飲食店などで乱暴したとして、千葉県警が先月、集団強姦致傷の疑いで千葉大学医学部の男子学生3人を逮捕した事件で、県警捜査1課と千葉中央署は5日、3人の氏名を公表するとともに、新たに準強制わいせつ容疑で3人の知人の医師の男(30)を逮捕した。全員、容疑をおおむね認めている。県警はこれまで「被害者の特定につながる」などとして事件についての発表を控えていたが、同課は同日、「捜査におおむね見極めがついた」と説明した。

 集団強姦致傷の疑いで逮捕されたのは、いずれも同大医学部の学生で吉元将也(23)=千葉市中央区亥鼻1、山田兼輔(22)=同区旭町、増田峰登(23)=同区本町1=の3容疑者。逮捕は先月21日。

 準強制わいせつ容疑で逮捕されたのは、同区院内1、医師、藤坂悠司容疑者(30)。

 学生3人の逮捕容疑は共謀の上、9月20日夜~翌21日早朝、同市内の飲食店や増田容疑者の自宅で、20代の女性にわいせつな行為をし、軽傷を負わせた疑い。

 藤坂容疑者は吉元、山田両容疑者と共謀して20日夜~翌21日未明、同市内の飲食店で、女性にわいせつな行為をした疑い。

 同課によると、逮捕された4容疑者と女性は知人関係。学生3人を逮捕し捜査を進めたところ、藤坂容疑者が浮上した。飲み会には他にも複数人が参加していたといい、同日、関係者からの110番通報で事件が発覚した。

 学生らの逮捕を受け、千葉大学の人事労務係は「現在調査中なのでコメントは控える」と話した。


  • LINEで送る