千葉市に爆破予告 メールで、不審物なし

 千葉市は21日、「市施設に爆弾を仕掛けた」とするメールが届いたと発表した。市は千葉中央署などに連絡し、全施設を点検したが、不審物は見つかっていない。

 市危機管理課によると、メールは19日午後11時すぎ、市ホームページの「市長への手紙」フォームを通じて届いた。「千葉市役所内700箇所と市内の施設数カ所に手製爆弾を仕掛けた。11月22日午前10時30分に爆発する」と書き込まれ、市職員が21日午前9時ごろ発見した。

 同課は「市民に不安を与える。迷惑だ」とし、念のため、施設の夜間施錠の徹底や爆破予告時刻前などに再度点検を強化する。


  • LINEで送る