3歳男児はねられ死亡 帰宅時、母親の車に 船橋

  • 0
  • LINEで送る

 29日午後4時10分ごろ、船橋市二和西3の市道で、同市在住の男児(3)が母親で自称会社員女性(38)=同市=の運転するワンボックス車にはねられた。男児は頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。船橋東署が母親から任意で話を聴き、詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、男児は母親の三男。事故直前、父親と祖父が勤務する会社に母親と兄2人とともに車で訪問していた。用事が済んだ母親は子どもを乗せて会社の駐車場から道路へ右折したところ、子どもたちが「父と祖父と帰りたい」と言ったため車をいったん止め、3人を降ろした。母親が車を前進させたところ、前方に三男がいたのに気付かなかったという。

 現場は見通しの良いセンターラインのない直線で幅員は4・6メートル。