JR久留里線で線路砂利にくぼみ、運休 JR千葉支社

  • LINEで送る

 31日午前11時10分ごろ、君津市青柳のJR久留里線久留里~俵田駅間で、線路を支える砂利の一部がくぼんでいるのを巡回中のJR社員が見つけ、運行を一時見合わせた。

 安全を確認したうえで約50分後に運転を再開。上下2本が運休し、上り1本が最大48分遅れ、乗客約90人に影響が出た。

 JR千葉支社によると、くぼみはレールと枕木の近くにあり、縦40×横30センチで深さ60センチ。同支社で原因を調べている。