生活の記憶も“復元” 資料救済へ横の連携も 国立歴史民俗博物館、文化財レスキュー 【大震災ちば5年】 第三部~備える (19)

 ことし2月、宮城県気仙沼市の気仙沼南ロータリークラブの有志11人が佐倉市の国立歴史民俗博物館を訪れた。津波で損壊した地元の旧家・尾形家住宅の復元展示を見るためだ。

 「歴博の皆さんの協力がなければ、こ ・・・

【残り 893文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る