車両の外ほろ落下 JR武蔵野線

 15日午前9時半ごろ、千葉市美浜区浜田2のJR東日本京葉車両センターで、同社作業員が武蔵野線の車両(8両編成)の定期点検中に、ホーム上の乗客の転落を防ぐゴム製の「外ほろ」(縦約110センチ×横20センチ×厚さ7・5センチ、重さ8・09キロ)が無いことに気付いた。外ほろは同日午後4時半ごろ、埼玉県所沢市の同社車庫で見つかった。

 同車両は同日朝に同車庫を出発し武蔵野線、京葉線で営業運行。走行に支障は無く、乗客らにけがはなかった。JR千葉支社で原因を調査中。10日の目視点検で異常はなかったという。


  • LINEで送る