自民猪口氏の告発状送付 収支報告書に不記載疑い

 自民党の猪口邦子参院議員(千葉選挙区)が2010年参院選の際、自身が代表の政党支部から寄付を受けたと千葉県選挙管理委員会に届けながら、支部の政治資金収支報告書には寄付を記載していなかったとして、市民団体「政治資金オンブズマン」(大阪市)は2日、政治資金規正法違反(不記載)容疑で千葉地検に告発状を送付した。

 猪口氏は同日、共同通信の取材に「事実関係を調べている」と話した。

 猪口氏が県選管に提出した10年参院選の選挙運動に関する収支報告書には、同氏が自民党本部から500万円、自身が代表の自民党千葉県参議院選挙区第5支部から17万円の寄付を受けたと記載されている。

 告発状では、党本部の政治資金報告書に記載がないことなどから、500万円は政党支部からの寄付の誤記載と主張。

 その上で、同じ年の同支部の政治資金収支報告書には計517万円の猪口氏への寄付について記載がなく「出所不明の資金によって調達されたとしか考えられない」としている。


  • LINEで送る