流山市、組み体操廃止 安全を考慮、全国自治体初

 流山市の全ての市立小中学校が2016年度から、運動会の組み体操の全面廃止を決めたことが22日、分かった。スポーツ庁によると、組み体操全面廃止の決定は全国の自治体で初めてとみられる。

 流山市教育委員会によると、小中学校の校長会会長が昨秋に「子どもの安全を考え、組み体操の意義について考え直す必要がある」などと問題提起。これを受け、市内に9校ある中学校の校長会が今月3日、16校ある小学校の校長会が17日、それぞれ市教委へ全面廃止を報告した。

 組み体操をめぐっては、柏市も全面廃止を検討。大阪市は16年度から「ピラミッド」「タワー」を全面禁止すると決めた。馳浩文部科学相は15年度中に事故防止に向けた方針を示す考えを示している。


  • LINEで送る