「早く休憩したくて…」途中で運行打ち切り 運転手5人、計50回 君津市のコミバス

  • LINEで送る

 君津市は17日、市が民間バス会社「日東交通」(本社・木更津市)に運行を委託するコミュニティーバス路線「小糸川循環線」で、65~70歳の5人の男性運転手が、計50回にわたり、終点まで行かずに途中でバスの運行を中断していたと発表した。

 同市と同社によると、5人の運転手は今年1月28日から11月12日の間、「君津グラウンドゴルフ場」行きの一部の便で、途中で運行を中断して営業所などに回送。計50回で延べ242停留所を通らず、1回の運行で9停留所を通過しないことがあった。

 11月13日、バスのルートを不審に思った市民から市に通報があり発覚した。同社の聴き取りに運転手は「早く帰って休憩したかった」などと説明。日常の利用パターンから、停留所に乗客がいないと勝手に判断していた。

 同社は、運行の中断が多かった男性運転手(65)を懲戒解雇にしたほか、運行責任者らを減給の懲戒処分にするという。同社の片野義雄社長は「信頼を裏切る結果となりおわび申し上げる」とのコメントを出した。市は、管理体制の強化を指導。委託契約は続けるという。