2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

生徒の個人情報入りUSBメモリー紛失 松戸南高の男性教諭

 県立松戸南高校(福原祐一校長)は1日、男性教諭(60)が全校生徒893人の氏名と履修状況などの入ったUSBメモリーを校外で紛失したと発表した。情報の不正利用は確認されていないとしている。

 同校によると男性教諭は9月25日、自宅で事務作業をするためUSBメモリーを持ち帰り同夜、市内の飲食店で同僚と飲食し帰宅。翌朝、メモリーや現金16万円入りの財布などが入った黒いリュックサック型のかばんを紛失したことに気付き、帰宅経路を探したが見つからず午後4時40分ごろ学校に報告した。

 同校は1日までに全校生徒や保護者に謝罪。今後、私物USBメモリーの使用禁止、持ち出し禁止など管理規定を強化するとした。同校は午前、午後、夜間の3部定時制高校。


  • LINEで送る