地上戦の抵抗拠点に 軍施設建設に地元住民も 「捨て石」にされかけた東金 【戦火の記憶 ちば戦後70年 遺構は語る】(下)

  • LINEで送る

 九十九里の海からほど近い東金市。緑豊かなこの街は、太平洋戦争末期、米軍の上陸による地上戦の脅威にさらされていた。地上戦に備えて用意され、役目を果たすことなく眠りについた軍事施設。それらは今も街 ・・・

【残り 1299文字、写真 1 枚】