【病院長単独インタビュー<3>】患者、納得の医療を 信頼回復へ継続的努力 <腹腔鏡下手術問題で揺れた千葉県がんセンター>

 -がん診療連携拠点病院の再指定に向けた状況は

 永田 一連の問題で4月に指定更新を受けるはずだったが、見送られた。診療報酬のこともあるが、他の病院にも迷惑をかけた。

 指定要件などは満たされていたが、質の高いがん医療を提供するだけのガバナンス(管理運営)ができていないというのが理由。この判断を重く受け止め、反省し改善しなければならないと考える。第三者検証委の提言に沿って、管理運営の改革にも当然取り ・・・

【残り 730文字】



  • LINEで送る