“原っぱ”をふるさとに 食糧増産へ無我夢中 10代の開拓者 鹿放ケ丘の礎築いた 加藤昌司さん(86)=四街道市= 【戦後70年ちば 第1部 私の記憶】(16)

  • LINEで送る

 厳しい残暑となった一日だった。終戦から間もない1945(昭和20)年9月16日、旧陸軍の演習地だった下志津原の広大な土地に初めて足を踏み入れた。隙間無く茂る草木、痩せた赤土、荒涼とした原野が広 ・・・

【残り 1163文字、写真 1 枚】