部活中に熱中症 高校生7人搬送 東京学館高

  • LINEで送る

 24日午前8時ごろ、酒々井町伊篠の東京学館高校で「バスケットボール部の生徒が練習中に熱中症で倒れた」と教諭から119番通報があった。同校のバスケットボール部員で1〜2年生の男子生徒7人が、手足のしびれや目まいなどを訴え、病院に搬送された。いずれも熱中症とみられるが重症者はおらず、全員快方に向かっている。

 同校によると、同部は21日から校内で泊まり込みの合宿を行っており、24日は最終日だった。同日は早朝から屋外で学校の敷地内などをランニングしており、女子部員を含む約30人が参加していたという。

 同校の福島昭也教頭は「管理が不十分で、生徒や保護者に申し訳ない。他の部活動の顧問を集めて、熱中症に十分注意するよう指導した。二度と同じことが起きないよう対策を徹底していく」とコメントした。