爆破予告で文化祭中止 千葉東高

  • LINEで送る

 4日午前8時ごろ、千葉市稲毛区の県立千葉東高に仕掛けた爆弾を爆破すると、県警本部に電子メールで予告があった。県警から連絡を受けた千葉東高は開催予定だった文化祭を中止し、校内にいた約1200人の生徒や教職員は帰宅するなどした。

 千葉北署によると、予告は県警ホームページの投稿用ページから「今日(4日)正午爆破する」と送信された。同署と第一機動隊爆発物処理班が同校敷地内を捜索したが、爆発物は見つからなかった。同署は、悪質ないたずらとみて威力業務妨害の疑いで送信者の特定を急いでいる。

 同校によると、昨年の文化祭は2日間で延べ6千人の一般客が来訪。河野千津子副校長は「生徒たちは4月下旬ごろから一生懸命準備してきたのに残念」と話した。