県民の日行事で配布菓子にカビ 東金市が回収

 東金市は4日、同日芝山町内で開催された県民の日山武地域行事の会場で無料配布したマフィンに、白カビのようなものが発生していた可能性があり回収を始めたと発表した。健康被害の連絡はないという。

 同市産業振興課によると配布されたのはマフィン2個入り計191袋。受け取った女性から「野菜部分に白カビのようなものが発生している」との指摘があり配布を中止、85袋を回収した。うち25袋に白カビのようなものがみられた。残り106袋は食べられた可能性がある。

 マフィンは、市の依頼で「みのりの郷東金」内のレストランが6月30日と今月1日に400個製造、冷房が効いた部屋で保管していた。みのりの郷東金は、ホームページで回収への協力を呼び掛ける。市は6日、保健所に菓子を持参し届ける。


  • LINEで送る