“文武両道”誰もが憧れ 「けがせず乗り切れ」恩師祈る 【輝け!ちばのなでしこ 菅沢優衣香 W杯へ挑む】(下)

  • LINEで送る

 いざボールを持つと、ドリブルでディフェンス陣に果敢に挑み突破、鋭いシュートを放つ。

 そのパワフルなプレーで「相手チームに女子選手だと気付かれないこともあった」と笑顔で話すのは、菅沢選手が所属した幕張西中サッカー部の顧問で3年時の学級担任、高橋健志さん(54)=現同市立稲毛中教頭=。

 並み居る男子選手の中でレギュラーFWとして試合に出場。キック、パス、シュートのどれを取っても男子顔負け。特にボールキープの技術はだれより秀でていた。部活以外で所属する女子サッカーチームの試合では、「優衣香のドリブルに誰もついていけなかった」(高橋さん)。

 小中学校時代に一緒にプレーした会社員、長内将大さん(24)=稲毛区=は「サッカー選手の手本。男女関係なく、みんなが『優衣香のようになりたい』と思っていた。優衣香に追いつけ追い越せと、チーム全体の向上心の原 ・・・

【残り 639文字】