多古町議に罰金30万 町議選で日本酒配る 千葉簡裁

 統一地方選後半戦として4月26日に投開票された多古町議選をめぐる物品買収事件で、千葉区検は5日、公選法違反の罪で多古町本三倉、同町議で農業、鎌形邦雄容疑者(63)を略式起訴。千葉簡裁は罰金30万円の略式命令を出し、鎌形被告は即日納付した。命令が確定すると、鎌形被告は失職する。

 起訴状によると、鎌形被告は告示前の3月、有権者5人に自分への投票や投票の取りまとめなどの選挙運動を依頼して、報酬として日本酒を2本ずつの計10本(販売価格計約1万5千円)を渡した。


  • LINEで送る