「何も答えられない」 質問状に千葉県 【汚染焼却灰】

  • LINEで送る

 福島第1原発事故による放射性物質で汚染された焼却灰が千葉県の手賀沼終末処理場(我孫子、印西両市)内の施設に一時保管されていた問題で、県は8日、県を提訴した周辺住民らの公開質問状に対し「訴訟継続中のため何も答えられない」と明言を避けた。

 質問状は今月1日、周辺住民らと弁護団が提出。施設撤去や除染のスケジュールなどについて説明を求める内容で、8日を回答期限としていた。

 県循環型社会推進課は「質問状の内容は裁判でも指摘されている」と指摘。弁護団の及川智志弁護士は「非常に残念。答えていただけないなら提訴を取り下げるわけにはいかない」と話した。