ボウリング場で窃盗の疑い 印西署

  • LINEで送る

 印西署は23日、窃盗の疑いで印西市の同市立中学3年で15歳の少年2人を逮捕した。

 逮捕容疑は16日午後0時半ごろ、同市内のボウリング場で、無職男性(71)=同市=に「カーブの投げ方を教えてください」などと声をかけ、男性が実演しているすきに、近くのいすに置いてあった現金約1万円などが入った男性のウエストバッグを盗んだ疑い。

 同署によると、被害に気付いた男性の目撃証言などから2人が浮上した。2人は同級生で「遊ぶ金がほしくて盗んだ」と容疑を認めている。