校舎から転落 中2女子重体 柏

  • LINEで送る

 柏市立光ケ丘中学校(同市光ケ丘4、生徒572人、荻野清隆校長)で16日午後3時45分ごろ、2年生の女子生徒(14)が校舎4階の窓から転落した。女子生徒は病院に搬送されたが、頭や背中を強く打ち意識不明の重体。柏署は、女子生徒が廊下の窓から飛び降りたとみて調べている。市教委によると、現時点でいじめなどの情報はないという。

 同署によると、女子生徒は直前まで、所属する部活動の部員5人と学習室で部活について話し合っていたが突然退室。校舎北側の駐車場に女子生徒が倒れているのを他の生徒が見つけて教諭に知らせ、教諭が119番通報した。廊下の窓が開く音に気付き、女子生徒が飛び降りるのを目撃した部員もいた。

 同署は今後、学校関係者や部員らから話を聞くなどし、詳しい状況を調べる。女子生徒は昨夏ごろから、人付き合いに悩んでいた様子もあったという。

 同市教委指導課によると、同校では17日、全校集会が開かれた。動揺している生徒もいるため、スクールカウンセラーを配置している。同課は「現時点で大きなトラブルやいじめの情報はない」とした上で、「学校に何らかの原因があったかもしれない。いじめの有無も含めて調査する。両親の意向も踏まえ、春休み前には始めたい」としている。