卒業式中に21万盗難 千葉東高

 県立千葉東高校(千葉市稲毛区轟町1、三上浩司校長、生徒1099人)で10日、卒業式に出席するため教室に置いてあった3年生25人のかばんから現金約21万円が盗まれた。千葉北署は窃盗事件として捜査している。

 同署などによると、生徒は午前9時半ごろ式場の体育館に移動。式が終わり同11時半ごろ、教室に戻った生徒が被害に気づいた。被害があったのは校舎4階の隣接する3年生の2クラス。男子・女子生徒25人のかばんから計約21万円がなくなっていた。

 同校は被害状況を確認したうえで午後1時ごろ、同署や県教委に通報。式後のホームルームで、各クラスの担任が生徒に報告したという。当日は式に出席する保護者のため正門の出入りは自由で、警備役などは置いていなかった。

 同校によると、昨年4月と7月にも校内で生徒の現金計約10万円が盗まれる事件があった。中村嘉孝副校長(60)は「教諭の巡回や教室の施錠など、さらに警戒を強めていきたい」と話した。


  • LINEで送る