薬歴17万件が未記載 診療報酬不正請求か くすりの福太郎

  • 0
  • LINEで送る

謝罪するくすりの福太郎の(左から)小川久哉社長、佐藤教明専務ら=10日午後、鎌ケ谷市の本社

 ドラッグストア大手のツルハホールディングス(HD)の子会社「くすりの福太郎」(千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷2)が関東で運営する調剤薬局で、薬剤師が薬剤服用歴(薬歴)を約17万件記載していなかったことが分かった。同社が10日に会見して明らかにした。未記載のまま診療報酬を不正に請求していた可能性もあり、詳しく調査して返納する方針を示した。

 薬歴は、医師の処方箋に伴う薬について副作用などを把握するため、患者ごとにアレルギーや体調の変化などを記録するもの。薬局が診療報酬を請求するうえで、記載した最終日から3年間保存することが厚生労働省の通知で義務づけられている。同社の各薬局では、患者から聞き取るなどした情報をいったんメモした後、パソコンに入力するようにしていたが、入力作業に遅延が生じたという。

 同社によると、一部店舗で入力遅延の報告があり、2013年3月の社内調査で69店舗中48店舗で未記載が判明。17万件についてはメモを元に同年8月中旬までに全ての入力を終えたとしている。現時点で患者から健康被害の訴えはないという。

 薬歴を記録すると、薬局に1回最大410円が診療報酬に加算される。佐藤教明専務は「未記載が判明している以上、不適切な請求があった可能性がある」と述べた。未記載の原因については「薬剤師の能力の個人差が影響したと推測しているが、最終的には会社の監督責任不足に尽きる」とし、今月末までに10店舗を閉鎖して業務改善を図る方針を明らかにした。

 小川久哉社長は「ご心配とご迷惑をお掛けして申し訳ない」と謝罪。調査の経過を見て辞任する意向を表明した。

 同社は1957年に鎌ケ谷市内で「福化粧品」として創業。調剤薬局は86年から展開を開始した。02年に現社名に商号変更し、07年にツルハHDの子会社となり、現在は県内を中心に189店舗(うち調剤薬局86店舗)を展開している。

◆詳細を調査、返金へ 親会社のツルハHD

 ツルハHDは今後、不正請求の有無について詳しく調べる方針で、確認されれば、診療報酬の返金や関係者の処分も検討する。グループのほかの会社については、適切に薬歴を取り扱っているとしている。

 塩崎恭久厚生労働相は同日の閣議後記者会見で「仮に不正請求があったなら厳正に対処しなければならない」と語った。厚労省によると、今年に入り、ツルハ側から福太郎で多数の未記載があったので報酬を自主返還したいと報告があった。