京葉線、架線点検で運休や遅れ JR千葉支社

  • 0
  • LINEで送る

 19日午前10時20分ごろ、市川市二俣新町3のJR京葉線二俣新町駅で、架線をつり下げるボルトが緩んでいるのが見つかり、点検や安全確認のため、同線東京-蘇我駅間で運転を見合わせた。

 約2時間後に運転を再開したが、JR千葉支社によると、上下10本が運休し、上下4本が最大20分遅れ、乗客約3千人に影響した。