40%超、不適切な通報 緊急時に支障 適正利用呼び掛け 昨年の110番受理状況 千葉県警まとめ

  • LINEで送る

 千葉県警は「110番の日」の10日に合わせて、昨年1年間の110番受理状況をまとめた。有効受理件数は前年より1645件(約0・4%)減り46万7258件。うち約24%が相談や要望など緊急性のない通報だった。いたずらなども加えると全通報の約42%が110番にそぐわない内容で、県警は「緊急通報への対応に支障が出かねない」として、110番の適正利用を呼び掛けている。

 県警通信指令課によると、有効受理件数は全国で6番目の多さ。1日平均1280件、1分7秒に1件のペースで、約67%が携帯電話からの通報だった。警察官の現場到着までの平均時間は6分35秒。

 同件数のうち、緊急通報は35万5812件。前年より4508件減った。内訳は事故などの「交通関係」が14万513件で、けんかや口論、酔っ払い保護などが18万1426件。窃盗や傷害などの「刑事関係」は3万3873件だった。

 一方で、11万1446件が緊急の対応を必要としない通報で、前年より2863件増えた。内容は要望や相談、苦情のほか、運転免許の更新方法や警察署の電話番号の問い合わせ、道案内など。

 このほか無言やいたずらなどの電話が14万4734件あり、全受理件数61万1992件の約42%が緊急性のない内容。中には、「妻に加齢臭と言われた」「酔っ払って帰れなくなった。自分の場所が分からない。パトカーで送って」などあきれた通報も。

 県警は悪質ないたずら電話への対応を強化。無言電話を1日に350回繰り返すなどしたとして偽計業務妨害容疑で女を逮捕するなど、同容疑と軽犯罪法違反(虚偽申告)容疑で計11件17人を摘発した。

 同課は「困っている人を最優先に助けるのが110番。1分1秒が人命を左右することもある。緊急性のある通報に限ってほしい」とコメント。相談などは専用ダイヤル「#9110」の活用を求めている。

◆110番珍・迷通報
▽ブレーカーが落ちた。助けて
▽アダルトサイトを見ていたら高額請求された
▽別れた女房とよりを戻したい
▽妻に加齢臭と言われた
▽今、何時ですか
▽110番がかかるか試した
▽酔っぱらって帰れなくなった。自分の場所が分からない。パトカーで送って
▽夜中、窓に石を投げてきた(酔った夫が妻を驚かせようとした)
▽教師が携帯を無理やり取り上げた(授業中のため)
▽車が盗まれた(駐車場の間違え)