上司に暴行、3等海佐停職 柏の海自下総教育航空群

  • LINEで送る

 海上自衛隊下総教育航空群(柏市)は29日、上司を素手で殴打するなどの暴行を加えたとして第3術科学校に勤務する3等海佐の50代男性を同日から停職20日の懲戒処分にした。刑事処分については明らかにしていない。

 同航空群司令部によると、海佐は勤務中の2012年6月29日、同校庁舎内で上司の2等海佐男性を殴って足げにするなどし、左手首捻挫など全治2週間のけがを負わせた。3等海佐は「勤務態度を改めるよう注意された」と暴行を認めているという。

 同司令部は「事実確認に時間がかかった」としている。同校の本橋稔彦海将補は「幹部自衛官という立場にありながら規律違反をしたことは遺憾。服務規律の徹底に努める」と謝罪した。