市川、南房総で住宅浸水 北海道では特別警報 列島各地猛烈な雨

  • 0
  • LINEで送る

 北日本と東日本を中心とした広い範囲で11日、低気圧や寒気の影響で大気の非常に不安定な状態が続き、各地で1時間80ミリ以上の猛烈な雨となった。気象庁は午前、北海道の一部地域で大雨の特別警報を出し、土砂災害や川の氾濫などに最大級の警戒を呼び掛けた。県内は10日から11日にかけ市川市や南房総市で大雨となり、住宅浸水や道路冠水があり、鉄道の運転にも影響が出た。

 特別警報の対象となったのは札幌市などを範囲とする石狩地方全域と空知、胆振両地方の一部。12日も低気圧が停滞し、道内では大雨の恐れが残るとして気象庁は引き続き警戒を求めている。

 レーダーの解析によると、道内では苫小牧、恵庭、千歳の各市付近で1時間に約100~110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を出した。24時間雨量は恵庭、千歳両市で450ミリ、札幌市南区で400ミリに達したとみられる。

 札幌市や岩見沢市などは一時、最大で約45万世帯、約90万人に避難勧告を出した。札幌市では土砂でふさがれた道路の復旧現場に車が突っ込み、作業員1人が死亡、4人がけがをした。

 銚子地方気象台によると、10日午後5時51分に市川市など県西部10市に、11日未明に南部、北部の20市7町に大雨洪水警報を発令。11日午前2~3時に南房総市荒川で78ミリの雨量を記録した。

 被害が最も大きかった市川市では、JR市川駅周辺の住宅地で床上浸水が3棟、店舗浸水が3カ所、床下浸水が7棟、道路冠水が58カ所で発生。南房総市では床下浸水3棟のほか、道路被害、岩井川で川岸ののり面崩落などがあった。11日午前4時には同市富山地区の約2200世帯約5300人に避難準備情報が出され、富山小など3カ所に避難所を設置。最大で5世帯5人が避難した。そのほか勝浦市、いすみ市の6カ所でがけ崩れがあった。

 JR千葉支社によると、内房線保田-富浦間で設置した雨量計が規制値を超え、君津-館山間で午前4時43分の始発電車から運転を取りやめ。午前6時24分に再開したが上下11本が運休、上り6本が最大で1時間23分遅れ、乗客4千人に影響が出た。